セキュリティ技術と識別技術の統合

技術統合

tesa scribos® は、模倣防止、グレーマーケット防止、保証の不正防止、盗難防止のための独自のセキュリティ技術を組み合わせ、業界基準の識別技術と連結させています。
0お問い合わせ窓口 +81 3 6833 2300
tesa scribos® のセキュリティ製品は、ほとんどの危険状況に対応できます。 セキュリティ要件が複雑な場合、最適なソリューションはいくつかの保護技術を組み合わせることで実現します。

例えば、
ボトルラベル

ボトルのラベルは、デザインに tesa® SecurityPrint を含めて、ミシン目を付けることができます。 セキュリティラベルは、不正をしようとすると明らかな証拠が残るため、剝したり、改ざんしたりできません。

tesa PrioSpot®tesa VeoMark® などの tesa scribos® セキュリティ製品は、個々の製品に固有の識別が与えられ、効果的に模倣を防止します。 これらは SecurityPrint セキュリティラベルに適用できます。 また、既存のラベリンツシステムと併用して、生産プロセスでの変更を不要にします。

ボトルの中身入れ替えを防止する、ボトルの首部に適用できるタイプもあります。 このシールは同時にボトルの栓部もシールします。
tesa PrioSpot® とマトリックスコード - 模倣防止と製品追跡
tesa PrioSpot® とマトリックスコード - 模倣防止と製品追跡 search
tesa PrioSpot® とバーコード/シリアル番号

バーコードまたはマトリックスコードは、 tesa PrioSpot®に埋め込み、主に 製品追跡に活用することができます。
シリアル番号はすでに模倣防止の tesa PrioSpot® で活用されていますが、マトリックスコードとして含めることにより、産業基準読み取り装置で分析することができます。
カードの tesa PrioSpot® – ブランド保護セットのカスタマイズ

個々の商品に固有な tesa PrioSpot® ブランド保護セットは、カスタム製の保証カードとして使用されています。 PrioSpot® を貼り付けるほかに、カードはコード化して PrioSpot® ラベルとして使用できます。 これは、製品に直接取り付けたり、必要に応じてパッケージに貼り付けることができます。 バーコードとトラック・アンド・トレース機能は、PrioSpot® と組み合わせてパッケージに取り付けて、グレーマーケットを防止できます。 オプションのユーザーによるオンライン登録と検証は、既存の顧客のロイヤリティを促進するツールとして活用できます。
縫い込みラベル

tesa PrioSpot®tesa VeoMark® などの tesa scribos® セキュリティ製品は、衣類やアクセサリ商品に商品個別の識別を持たせることができます。 目立たず、永久的なセキュリティ機能を製品に持たせるには、縫い込みラベルが適しています。
ラベル・オン・ラベル – 最小努力で最大のセキュリティ

tesa scribos® セキュリティソリューションは、必要に応じて既存の製品ラベルより先に適用することができます。 このソリューションなら、ブランド保護技術をより簡単に生産プロセスに埋め込むことができます。 顧客ロイヤリティプログラムの一環としてオンライン検証を要求するなど、製品に付加的なコミュニケーションを加えることにより、模倣防止ラベルをコピー製品撲滅に最大限活用できます。

また、既存の識別基準(自動車部品の MAPP コードなど)を併用したり、tesa scribos® SecuritySeal ラベルなどの別の基質ラベルを使用することもできます。 また、RFID をセキュリティラベルに統合することもできます。
tesa® connect & check によるブランド保護とオンライン検証
tesa® connect & check によるブランド保護とオンライン検証 search
tesa® connect & check との併用

ブラント保護とオンライン検証の理想的な組み合わせ – 消費者、小売店、調査官は、スマートフォンやPCを使って店舗にいながら直接商品の真偽を確認できます。 パッケージングラベルに印字されているIDコードと tesa PrioSpot® ラベルのセキュリティコードは、インターネット接続を経由して connect & check データベースに転送されます。 その後コードを確認してから製品の真偽を確認する方法を対話式で説明します。